改修工事で不安を一蹴!より良い生活を送るために

土地付きが良い

土地付きの太陽光発電とは文字通り、太陽光発電システムが設置された土地を購入するというものです。太陽光発電システムは、国の政策もあり大きく普及しており、また設置費用の元が取れるように一定年数の固定買取価格精度が整備されるなど投資してリターンを得られる物件となっており、現在では土地活用のひとつとして盛んに行われています。 そのひとつとして登場したのが土地付き太陽光発電です。土地付き太陽光発電は条件の良い場所に太陽光発電システムを設置し、分譲販売するというもので太陽光が得られる限り確実な収益が見込める収益物件となっています。

土地付き太陽光発電は、各地で建設されています。以前は補助金などがありましたが、現在はそれらはなくまた事業として行う場合には自前の資金で作るのが一般的です。現在では設備投資費に見合うだけの収益性が確保されているとはいえ、その建設費コストは高いため、一定の資本がなければ行うことができません。 そのためファンドを組んで資本を集めるといったことが行われていますが、ファンドを組むには一定規模の太陽光発電システムを構築する必要があります。そこで小口向けに考えだされたのが、土地付き太陽光発電として売り出すというものです。 土地付き太陽光発電であれば、1000万円程度から投資することができ、また利回りも10%前後のものが多く、固定買取価格の期間内に償還することが可能です。